派遣、契約社員、転職、自営業者に柔軟に対応する住宅ローンをお教えします

FLAT35とは?


当サイトから仮審査が可能な会社が増え大変便利となりました。
今までの「新生銀行」「SBI住宅ローン」に加えて「東京スター銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」「ソニー銀行」「オリックス」「日本モーゲージサービス」を新たに追加。<2012年9月現在=全8社>
各社の見積りを 一度に集めて、より一番お得な住宅ローンの条件を探し出せるようになりました。
もちろん、お申込みは無料。お気軽にお申込み下さい♪

フラット35とは?

 

返済期間の長短にかかわらず、金利が一定のローン

 

「フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した長期固定金利の住宅ローンです。

 

 

基本的に15〜35年までの間で自由に返済期間を決めることができ、返済期間の長短にかかわらず、金利は一定になりますから、長期でローンを組む場合、検討したいローンといえます。

 

 

フラット35は「買取型」と「保証型」の2種類があります。

 

ここでは「買取型」について述べたいと思います。
※保証型の詳細は次項「フラット35は2種類!」をご覧下さい)

 

▼フラット35(買取型)のメリット

 

1.自己資金が少なくてもマイホームが取得できる

物件価格の最高90%(上限額は8000万円)まで借りられるので、自己資金が少なくても大丈夫である。(フラット35「保証型」では100%)

 

 

2.保証料・繰上返済手数料が掛からない

借入時の「ローン保証料」や「繰上げ返済の手数料」など返済条件の変更があった時でも0円なので借入コストが少ない。

 

 

3.審査基準が分かりやすい

基本的に、前年の年収を基準に借入の可否が決まるので、民間住宅ローンで断られやすい自営業者や派遣社員の方でも収入基準さえ満たせば利用できる。

 

▼フラット35(買取型)のデメリット

 

1.すべての物件で利用できるわけではない

 

フラット35は一定の水準を満たした住宅でなければならないため、常に利用できるとは限りません。
逆に「優良な住宅であるか?ないか?」の判断ができるとも言えます。

 

 

2.適用証明書が必要である

 

1.で「優良な住宅であるかの判断となる」と書きましたが、その技術基準をクリアした証明するものを「適用証明書」と呼びます。 フラット35ではこの「適用証明書」が必要であり、交付には手数料がかかります。

 

 

3.融資実行時点の金利が適用される

 

以前の「住宅金融公庫融資」では同じ固定金利型でも、申込時点の金利が適用されていましたが、フラット35は申込時点ではなく、融資実行時点(入居直前)の金利が適用となります。ですので、金利が上昇しそうなときは、あらかじめ資金計画に余裕を持つ必要があります。

 

 

<※フラット35(保証型)の詳細は次項「フラット35は2種類!」でご覧頂けます

 

人気のフラット35

 

【フラット35】は、取扱金融機関によって金利が異なります。

 

 

SBI住宅ローンは、業界最低水準の金利で【フラット35】を提供しています。
住宅ローンのお申込からご融資実行まで、
専門のアドバイザーが、最短1週間で対応しているのも
人気が高い理由です。

 

業界最低水準の金利! SBI住宅ローンも含まれる
無料一括審査はコチラ⇒ズバット住宅ローン

 

借換えをお考えの方にも…

 

当サイトでは、

 

@大手で安心、かつ金利が低水準
A親身になり相談に乗ってくれる
BWEBからの簡単申込みが可能

 

 

これらが、簡単に分かるので、無料一括審査をオススメ致します。

 

無料一括審査なら⇒ズバット住宅ローン

 

 

やはり、比較検討が大切です

 

条件が変更される場合もございます・・・

 

その時期によってキャンペーンなどによる条件も異なる場合がありますので、実際に資料を集め、分かりにくい部分を実際のアドバイザーの方と相談しましょう。

 

 

▲ページのトップへ戻る

 

FLAT35とは?関連ページ

FLAT35は2種類!
住宅ローンは派遣や契約社員、転職者や自営業者でも借りられます。「住宅ローン 派遣社員が語る 住宅ローン借入法」では、あなたの就業形態、年収や返済能力にあった住宅ローンを検索 比較できるサイトです

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOPページへ戻る